本文へスキップ

赤色レッドカラーコンタクト ワンデーマンスリー

カラコンの使い方

カラーコンタクトで事故を防ぐための正しい使い方


カラコンの使用にはリスクがあります。正しい使い方を知っておかないとトラブルを防ぐことができません。とはいっても基本的なことです。レンズを洗ったり、眼科に行って自分の目の曲がり具合にそったBCのレンズを着用するなど。どれも取り扱い説明書に書かれているような内容のことをきちんとやるということです。

目に貼り付けるものですから、適当にやると大変なことになります。放置しておいてよいことではありません。度ありカラコンだけでなく度なしのカラコンも規制でレンズの水準があがったとのことですが、間違った使用方法ですとまずいことになります。きちんとしたレンズなら何をしても大丈夫というわけではないのです。使い方がいちばんだいじです。トラブルになったときも少ない範囲で問題がとまります。小さなことであれば眼科通いで何とかなることが多いです。

度ありカラコン1dayタイプであれば、1日で使い捨てできるので長く使い続けることもありません。長期使用すると雑菌がたまりますから。レンズに寿命があるというのは忘れないようにしましょう。酸素の通りも悪くなりますし、しようきげんが切れたレンズは使わないほうがいいです。カラコンだとワンデー1日使い捨てのものは少ないのが現状ですが、なるべくワンデーのものがいいというのは事実です。

危機意識はあったほうがいいです。気をつけておくことは別に損はありません。